休校中の生徒の皆さんへ


こんにちは。

日光スケーターズクラブ代表の若林勇太です。

皆さんゴールデンウィークは、どうお過ごしですか?

本来であれば、連休期間中は旅行に行ったり、友達と過ごしたりと新鮮な時間を過ごしているはずですが、

今は家で過ごさなければならず大変な日々を過ごしているかと思います。

そろそろ家の中でやることも尽きてくる頃でしょう。

今日はそんな皆さんにメッセージを送ります。


これからの時間を有意義にし、将来に繋げるため、

是非この休校期間中にやって欲しいことが2つあります。


1つ目は、

この期間中に「自分」を見つけてください。

スケーターズクラブの生徒の中には、スケートだけでなく他のスポーツをやっている生徒もいると思います。


小学生、中学生の皆さんにとって大切なことは、スポーツを通して自分を「知る」こと。

と言っても、いきなりどうしたら良いのかわかりませんよね。

まずは、今まで自分がやってきたスポーツや習い事を振り返って「気付いたこと」を探してみましょう。


スケーターズクラブに通っていた生徒であれば、スケートで考えるとわかりやすいでしょう。

例えば、

「運動はあまり好きではなかったけど、スケートは楽しい。」

そう気付いた生徒は多いと思います。

実はこれは大発見です。

では、そこで自分が楽しいと思えたのはなぜでしょうか。

スケートは他の事と何が違っていたのでしょう。

みんなと一緒に楽しい時間が過ごせたから?

自分一人で自由に滑れて気持ちが良いから?

先生や友達に褒められて嬉しかったから?

スケート大会で勝って嬉しかったから?

皆さん必ず1つはあるはずです。

1つでも見つけることが重要です。

探してみましょう。


楽しかった「理由」を見つけることで、自分はどんな瞬間に楽しさ嬉しさ、喜びや幸福感を感じられるかを知ることが出来ます。


そのポイントを知っておくと、今後生きていく上で何をすべきか選択しやすくなります。

スケートというスポーツに没頭することができたのなら、それも大発見です。

没頭できることを探すことは簡単ではありませんし、年齢を重ねる度に難しくなります。

没頭できたことは一つの才能です。

没頭とは一つのことに熱意を持って集中することです。

没頭出来ることを見つけたのなら、それは大きな可能性を見出したことになります。

それを継続することで、こだわりや追求心が芽生え、やがて趣味や生きがいとなります。

情熱を注ぐほどに好きになります。好きこそものの上手なれ。好きに勝る才能はありません。

また、好きなことに熱中することで集中力は養われます。

一つ注意すべきこととして、幼いうちは集中力を「集中出来た時間の長さ」で測っては行けません。

なぜなら、幼い時の集中力は周囲の出来事や第三者に簡単に邪魔されてしまうからです。

どんなに集中していたとしても、それが空腹時であったなら、香ばしいパンケーキとバターの匂いで、一瞬にして壊すことが出来ます。

また、好奇心や学習意欲が高い生徒ほど、集中力は周囲の出来事や情報に奪われる場合もあります。


一方で、

スケートを楽しめなかったなら、それも発見です。


では、楽しめなかったのは何故でしょう?

どこがつまらなかったのでしょう?

それを知ることが重要です。

知らなければただ嫌いになって終わってしまいます。

それでは少し勿体ない。

世の中つまらないことだらけです。